LIFE DESIGN 公式ブログ

2-4 人体の分類

陰陽五行と人体の分類

東洋医学と西洋医学

東洋医学では、人体全体をひとつのものとして考えており、病気は「身体の不調」がある部分に症状として表れていると考えるため、病気の原因は身体全体の不調であり、身体全体の調子を整えることで病気を
治療していきます。

一方、西洋医学は容器の原因となっている部分を見つけ、その部分に対処を施すことで病気を治療します。
東洋医学には『同病異治(どうびょういち)・異病同治(いびょうどうち)という言葉があります。

東洋医学ではその人の身体全体を見て、症状の原因となる異常を判断するため、同じ症状であっても原
因が異なれば、その原因に対して治療が行われます。

また、症状が異なっていても原因となる異常が同じであれば、同じ治療が行われることがあります。

これは人によって持っている自然治癒力が異なるためです。

西洋医学は検査で判断ができる異常や手術を必要とする疾患、感染症などに強く、逆に東洋医学は検査では判断できない不調や原因がわからないもの、患部がはっきりしない場合などに向いています。

 

人体の五行
これまで、自然界と人体は同じ法則のもとに成り立っているという東洋哲理の概念に基づいて話してきましたが、陰陽五行説では、自然界の五行である「木・火・土・金・水」を人体の内臓に応用することによって、「肝・心・脾・肺・腎」という五臓についても東洋医学では取り入れられて考えられました。

五臓六腑という言葉をよく耳にしますが、これは古代中国の自然哲学である陰陽五行説に由来しています。

五臓にも相生・相剋関係があり、それぞれが関係し合ってバランスを保つことで、人体の健康は保たれると考えられてきました。

五臓の相生関係とは、いわば五臓の助け合いです。

これは「肝は心を生み、心は脾を生み、脾は肺を生み、肺は腎を生み、腎は肝を生む」と表現されます。

つまり肝臓が正しく機能すると、心臓は益々はたらきがよくなり、心臓が正しく機能すると脾が元気になる…という生かし合う関係にあります。

肝が心を生むという関係から、こうした相互関係は “ 母子 ” 関係ともいわれます。
一方で、五臓には抑制し合う相剋関係もあります。

五臓の相剋関係を「肝は脾に克ち、脾は腎に克ち、腎は心に克ち、心は肺に克ち、肺は肝に克つ」といいます。

肝の機能が高まりすぎると脾を弱らせ、脾の機能が高じると腎を弱らせる…という、相生とは相反する関係です。

これらの要素の状態を調べ治療していくことが東洋医学の治療法でもあるのです。


テキスト通信講座(入門編)15,000円(税込) 

気軽に自分を知ることができて、自分の分析が楽しめる入門編です。

プロファイリングシステムの利用分が1ヶ月分セットになったお得な講座です。

自分を読み解く基本がつまった「入門編」です。

入門編を終えた方にオススメ♪


テキスト通信講座(初級編)52,800円(税込)
 

入門編より詳しく自分を知ることができる初級編です。

プロファイリングシステムの利用分が6ヶ月分セットになったお得な講座です。
ライフデザインコーチ養成講座(初級編)のテキストだけの講座です。
なお、カリキュラム動画、学長の講義動画、ライセンスはついていません。
※ライセンスの取得はできません。

 

コーチ養成講座 初級~上級クラス 220,000円(税込)~ →11月30日まで特割198,000円!

じっくりと自分らしい人生を見つけることができる初級編です。
本格的なプロファイリングスキルを学び、仕事に活用したい方向けの養成講座です。

プロファイリングシステムの利用分が1年分セットになったお得な講座です。

ライセンスの受験は合格するまで、期間中であれば何度でも受験可能♪

※ライフデザインコーチ、プロファイリングコーチのライセンスが取得できます。

Pocket
LINEで送る

新しい記事へ

2-5 十干の世界

古い記事へ

2-3 暦の分類

ライフデザインコーチングのアプリが完成しました。
サイト情報や、セミナー講座情報、ブログやSNS等の情報をひとつにまとめました。
WEB講座の受講生の皆さんや、セラピスト、コーチの皆さんの各種ページのログインも簡単になりましたので
是非、ご活用ください。

Google play

PAGE TOP

Menu

LIFE DESIGN WEB SCHOOL

〒450-0003
名古屋市中村区名駅南1丁目11番12号
名駅Minami-One1F
TEL 052-755-2674